毛利勝彦教授の『白熱教室』/第3回「NGO 苦悩の選択 資金か使命か」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【第3回 「NGO 苦悩の選択 資金か使命か」 】
『白熱教室JAPAN』NHK教育TV 2011/04/17 18:00-18:58。毛利勝彦ICU教授 第3回。
ディベイトの方法論から番組が始まったので、当方の思考回路があっちこっちに「散乱」してしまいました。なかなか刺激的な授業です。

(1)ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキング

(2)何らかの主張をする際には、必ず論拠と証拠を挙げる三角ロジックを考えること。

(3)ワールド・ビジョン・インターナショナルの活動
  a)チャイルド・スポンサーシップ
  b)総合地域開発(ADP: Area Development Program)(参考:「8月WVカフェ開催報告」「ショアラインII・プロジェクト」
  c)HIV/AIDS ホープ・イニシアチブ(Hope Initiative)

(4)ボブ・ピアス「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」

(5)2002年・南アフリカ会議で「ホープ・イニシアチブ」を討議
  HIV/AIDSの予防、ケア、アドボカシー(提言・啓発)のためのプログラムを採用するか否か
  WorldVision Americaが慎重派。50%が反対していた。プログラムを採用すると、資金集めが阻害され、支持者を失う可能性があった。

(6)ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)

(7)片山信彦氏のお話

(8)谷村美能里さんのお話
《引用:第3回 「NGO 苦悩の選択 資金か使命か」》【2011/04/17 NHK】
チャイルド・スポンサーシップを通して途上国の貧困問題解決を目指し活動する国際NGOワールド・ビジョン・インターナショナルを題材にします。子どもだけの支援から教育、保健衛生、農業指導、水資源開発、収入向上、指導者育成など幅広い分野で長期的な支援を行う総合地域開発へと支援の幅を広げ、上下関係のない契約に基づいた「連邦モデル」と呼ばれる独自の組織構造を形成してきました。その中で提案されたHIV/エイズ対策プロジェクトには、アメリカの保守的支援層からもアフリカの現地スタッフからも異論が噴出。その上、子ども支援で巨額の寄付集めを実践してきたアメリカ事務所からはエイズ問題では寄付が集まらないと反対の声が上がります。分権化された連邦型組織構造ではドップダウンは通じません。この新しいプロジェクトへの組織内外からの反対や抵抗に対して、どのように説得し対処すべきかを議論していきます。

《引用:第3回 参考文献》【2011/04/17 NHK】
・Christopher A. Bartlett and Daniel F. Curran, "World Vision International's AIDS Initiative: Challenging a Global Partnership" (Harvard Business School Publishing, 2005).
・アン・C・ハドック『開発NGOと市民社会』(人間の科学社、2002年)
・今田克司・原田勝広編『連続講義 国際協力NGO』(日本評論社、2004年)
・功刀達朗・毛利勝彦編『国際NGOが世界を変える』(東信堂、2006年)

《引用:ワールド・ビジョンとは》【World Vision International】【政策提言・報告書
ワールド・ビジョンの活動は、アメリカ生まれのキリスト教宣教師ボブ・ピアスによって始められました。彼は、第2次世界大戦後に混乱をきわめた中国に渡り、「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」と考えるようになりました。中国で出会った1人の女の子の支援を始めた彼は、より多くの支援を届けるため、1950 年9月、アメリカのオレゴン州で「ワールド・ビジョン」を設立。
朝鮮戦争によって生まれた多くの孤児や、夫を亡くした女性たち、ハンセン病や結核患者に救いの手をさしのべることから始まった活動は、現在では、約100カ国で展開するまでになりました。

《引用:国際関係学のアクティブ・ラーニングにおけるICT活用の可能性と課題
2.政策ディベートへの活用

 国際関係論の授業では、様々な理論を体得する方法として政策ディベートを活用しています。ディベートとは、一つの論題をめぐって肯定側と否定側の二つのチームが、三角ロジックを駆使しながら、多くの聴衆を説得するコミュニケーション形態です。まずディベートの方法を学び、次にディベートに適用しうる概念や理論を概説した後、軍事、政治、経済、社会、環境など今日の日本が直面する論題についてディベート試合をしています。通常4~5名のディベート・チームを編成します。グループごとに模擬ディベートの練習をした後、授業用eラーニング・システムのグループ機能を紹介し、オフラインでもオンラインでもグループで準備を進めることを促します(注)。
 入学直後からの英語教育プログラムやこの授業でロジカル・シンキングやクリティカル・シンキングの学習姿勢を身につけることは、その後の学習経路に意味ある影響を与えると考えています。とりわけ、何らかの主張をする際には、必ず論拠と証拠を挙げる三角ロジックを考えることが重要だと思います。もっともディベートらしい部分は反論や反駁ですが、そこで使うディベート技法を解説するビデオ・クリップも作成しました。若手の政治家、官僚、ビジネスマン、大学教員など社会人によるモデル・ディベートを収録したテキストに基づいたものです。[1]
 ディベート試合の勝敗は、聴衆による判定シートによって決定します。試合の前後に論題に対する聴衆の立場についてアンケートでデータを採り、クラス全体の平均値が試合後に肯定側と否定側のどちらに動いたかで勝敗を決めます。これは、国際関係論における英国学派のバリー・ブザン教授に教えていただいた方法です。イギリスの議会ディベートには、有権者である国民が判断する民主主義の伝統があります。携帯電話から学生が判定を投票できるサイトを構築すれば、国会の電子式投票システムのようにディベート試合直後に勝敗をクラス全体に知らせることも可能でしょう。実際にはコメントも書いてもらっているので、判定シートを試合直後に回収し、授業後に計算した判定結果をコメントとともにBlackboardの掲示板に勝敗速報として掲載しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hainori.com/mtengine/mt-tb.cgi/4

コメントする

このブログ記事について

このページは、峯 熊成(みね くまなり)が2011年4月17日 20:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「毛利勝彦教授の『白熱教室』/第2回「NGO 生き残り策を考える」」です。

最新記事:メイン・ページ
過去記事:アーカイブ・ページ

カテゴリ

ブログ情報

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.10