【第3回 「NGO 苦悩の選択 資金か使命か」 】
『白熱教室JAPAN』NHK教育TV 2011/04/17 18:00-18:58。毛利勝彦ICU教授 第3回。
ディベイトの方法論から番組が始まったので、当方の思考回路があっちこっちに「散乱」してしまいました。なかなか刺激的な授業です。

(1)ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキング

(2)何らかの主張をする際には、必ず論拠と証拠を挙げる三角ロジックを考えること。

(3)ワールド・ビジョン・インターナショナルの活動
  a)チャイルド・スポンサーシップ
  b)総合地域開発(ADP: Area Development Program)(参考:「8月WVカフェ開催報告」「ショアラインII・プロジェクト」
  c)HIV/AIDS ホープ・イニシアチブ(Hope Initiative)

(4)ボブ・ピアス「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」

(5)2002年・南アフリカ会議で「ホープ・イニシアチブ」を討議
  HIV/AIDSの予防、ケア、アドボカシー(提言・啓発)のためのプログラムを採用するか否か
  WorldVision Americaが慎重派。50%が反対していた。プログラムを採用すると、資金集めが阻害され、支持者を失う可能性があった。

(6)ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)

(7)片山信彦氏のお話

(8)谷村美能里さんのお話
【第2回 「NGO 生き残り策を考える」 】
『白熱教室JAPAN』NHK教育TV 2011/04/10 18:00-18:58。毛利勝彦ICU教授 第2回。
初回に引き続き、言葉の意味にとらわれ、議論の本質をなかなか追いかけて行くことができない。

(1)人道と人権の違い。:人道は有事で、人権は平時。

(2)advocacy of campaign:campaign対象は国・政府。
 「アドボカシー」をWikipediaで引くと「アドボカシーは反政府、反企業といった対立の構図ではなく、論理的・科学的な政策を代替案を示して提言する活動であり、最もNGO/NPOらしい活動と定義する学者や専門家は多い。」とある。

(3)自由権・社会権・連帯権:ネットで検索したら、『人権で世界を変える30の方法』という書籍を紹介しているサイトがヒットしました。「連帯権」は知らなかったので、刺激になりました(感謝)。

(4)各種NGOの活動形態の違い。例えば「Human Rights Watch」はメディアに働きかけて世論を作り上げる活動をする。「AI」は事務所の数は多いが、比較的サポート人数は少ない。

(5)ファンドレイジング(Fundraising):資金調達行為。

(6)寺中誠氏のお話。エネルギッシュな話し方。AIが変わる、変わらない、AI会員の本質と新しい血の導入への道筋など。
【第1回 「NGO ミッションを議論する」 】
『白熱教室JAPAN』NHK教育TV 2011/04/03 18:00-18:58。毛利勝彦ICU教授 第1回。
基本的知識無しで聞く。毛利勝彦教授のこと、存じ上げない。
言葉の意味を追いかけるだけで精一杯。
・フェアトレード
・CIMIC Civil-Military Co-operation
・クラスター・アプローチ  (国連フォーラム
・ダルフール紛争は水紛争
・PWJ 山本理夏さんのお話